慢性腰痛に抗うつ薬が処方される理由。

定期的にメンテナンスに来院されている薬剤師さんから、先日、こんな話を聞きました。 勤め先の病院で患者さんから、 「なんで腰痛で受診したのに、うつ病に使う薬が出されたんですか?」 って、薬のことで相談を受けたそうです。 ちょっと困ったようですが、最近は、慢性腰痛にも処方されることを説明したそうです。 そのとき処方された薬   Read More …

2018年6月の営業日程

もう6月、2018年が折り返しになりますね。 梅雨も近づき、この時期から身体は夏モードに変化していきます。 熱を出すため、しっかり汗をかける身体になることが大切。 腎臓の気の流れが悪くなると、スムーズな変化が出来なくなるので、腰や眼、肘、膝などに問題を起こすこともあります。 熱めのお風呂に使ったりして、脇腹から腰のあた   Read More …

2018年5月の営業日程

5月になります。 ゴールデンウィークですね。 新しい年度が始まって、環境的な変化があったり、忙しく4月を過ごしてきた方も多いかもしれません。 下が満ちれば、上が抜ける。 環境的に変化がいろいろあった方、忙しく4月を過ごした方、ハラに氣を込め、下半身の充実度を感じたり、肩の力が抜けているか確認したり、姿勢を意識する時間を   Read More …

現代っ子の腰痛に関して、「週刊女性」から取材を受けました。

先日、主婦と生活社が発行している「週刊女性」から現代っ子の腰痛に関して、取材を受けました。 ネット上の記事はこちら 私が伝えた内容は、子供の腰痛にも、心理社会的因子(精神的ストレス)が大きく関与しているという臨床現場でのケース例をいろいろ話させて頂きました。 以前、テレビ取材や雑誌への原稿投稿の仕事を引き受けたことはあ   Read More …

サッカーによるグロインペイン症候群・・患者さまの声

以前、グロインペインで悩んでいた関西在住の高校生、遠方から泊りがけで通って頂きました。 その子から頂いた感想をご紹介します。 サッカーによるグロインペイン症候群 高二のサッカー部の男子です。 四月中旬から右足のつけ根のところが痛くて、足をあげたり回したりすると足に激痛が走っていました。 なので色々な治療をうけましたが改   Read More …

子供のグロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)・・患者さんの声

以前、グロインペインで来院頂いた方の感想をご紹介します。 子供のグロインペイン症候群(鼠径部痛症候群) 子供が急に鼠径部に痛みが出て、スポーツ整形外科でグロインペイン症候群と診断されましたが、治療法がなく安静にして10日経ちました。 歩くだけでも痛くていつ治るのか? 子供も私も先が見えなくて、精神的にも追いつめられてい   Read More …

2018年4月の営業日程

4月になります。 年度初めで、新たなスタートの時期。 環境の変化も多いこの時期は、緊張を強いられることもあるでしょう。 この時期の身体は、気温の上昇とともに、肩甲骨から骨盤と、固まっていた部位が緩み、活動的になっていきます。 気持ちが緊張していると、上手く緩まず、弊害が出てくることもあります。 浮足立つ気持ちを一度、深   Read More …

グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)とは?・・当院はこう診てます。

グロインペイン症候群(groin pain Syndrome)ってご存知ですか? 日本語では、鼠径部痛症候群とかスポーツヘルニアなどと言われている症候群で、鼠径部に痛みや違和感を訴える疾患です。 当院で、たまに相談を受ける症状ですので、今回、ご紹介します。 グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)は、スポーツ選手、特にサ   Read More …

顎関節症と頭痛・・・患者さんの声

先日、以前、顎関節症で来院されていた方からご感想を頂きましたので、ご紹介します。 顎関節症と頭痛、薬なしで治ったのは初めて 山中先生のところへは、あごの調子が悪くて通い始めました。この日は、頭痛もしていて、頭痛の方もお願いしました。 頭痛はいつも薬を飲まないと治らないのですが、このときは施術後、スッキリと治っており、そ   Read More …

腰椎すべり症、坐骨神経痛の体験談・・患者さまの声

腰椎すべり症、坐骨神経痛でご相談を受けていた方から、以前、頂いた感想をご紹介します。 腰椎すべり症、坐骨神経痛の体験談 とつ然、左足のすねの部分が痛くなり、整形外科ですべり症の坐骨神経痛との診断を受けました。 短期間のリハビリで直りましたが、この際に娘が以前からお世話になっている当院をたずねました。 私の場合、長い間の   Read More …